title-001t.jpg title-014t.jpg
title-t17.jpg
特徴
一般的には歯ごたえがしっかりしていて、味があります。 鍋がよく知られていますが、すき焼き、オーブン焼き、焼き鳥、しゃぶしゃぶなど色々できます。
きじ肉は、たんぱく質が多く脂質が少なく、カロリーも鶏肉の半分程度と高たんぱく低カロリーな食品です。 また身体のエネルギー代謝に必要なミネラル(特にリン・カリウム)を多く含んでいます。
蛋白の多いローカロリー食品
きじ肉は鶏肉とはかなり異なり、栄養価を比べてみても蛋白質が多く脂質が少なく、カロリーが鶏肉の半分くらいです。
蛋白の多いローカロリー食品と言えます。また身体のエネルギー代謝に必要で外部から摂取しなければならないミネラル(特にリン・カリウム)を多く含んでいます。
なおビタミン類は、野菜や穀物類と一緒に食べると、いっそうバランスのよい健康食品になります。
きじには野菜がよく似合う
以下に鶏、牛、豚と主な成分を比較してみます。
肉100g当りの成分の比較
エネルギー 蛋白質 脂質 ミネラル(mg)
kcal g g カルシウム リン ナトリウム カリウム
雉肉 132 25.3 2.7 6 310 65 450
鶏肉 254 18.7 18.6 16 100 44 120
和牛 328 16.2 27.5 5 130 40 240
豚肉 217 17.5 15.1 5 160 50 260

4訂 日本食品標準成分表より 科学技術庁資源調査会編

必須アミノ酸が豊富なきじ肉
蛋白質は、食べ物として摂取すると腸で分解されアミノ酸として吸収されます。吸収された後体内で蛋白質やアミノ酸に再生成されます。
身体を構成する蛋白質のアミノ酸は約20種類ありますが、バリン・ロイシン・イソロイシン・スレオニン・メチオニン・フェニルアラニン・トリプトファン・リジン8種のアミノ酸は体内で作られないため、必須アミノ酸と言われ、食物からとる必要があります。
蛋白質の一日適正摂取量は60kgの人で約60g(体重1kg当たり1.0〜1.5g)です。多すぎても少なすぎてもいけません。
蛋白質は身体の中で骨格を形成したり(骨や皮膚)、血液中に貯蔵されたり(アルブミン、カゼインなど)、また代謝・呼吸・ホルモン系・免疫系・運動機能(筋肉の収縮)などにおいて重要な働きをします。
バランス良く蛋白質の食べることが大事です。

きじ肉は必須アミノ酸をすべて含みますから、動物性蛋白としては良い食品と考えられます。
販売時期
10月下旬〜3月いっぱい頃(やはり寒い時期の脂がのった肉が美味しいです。)