title-001t.jpg title-011t.jpg
旧本川きじ組合
昭和61年 設立、高知県で初めてきじの飼育を5人で始める
雛購入・・岡山県和気町、和気牧場(現・解体)より30日雛を500羽購入  
昭和64年
(平成元年)
大森(現・手箱鶏舎)、寺川、桑瀬、高藪、脇の山の5か所にて飼育=5000羽  
平成17年 最高全6000羽飼育したが、生産者の高齢化・農協合併等の理由で組合解散、その後現組合長が個人で飼育を継続
新本川きじ生産組合  
平成20年 現本川きじ生産組合5人で発足=2500羽飼育(組合鶏舎、いの町葛原)  
平成21年 (有)手箱建設組合へ参加=1000羽飼育(現大森鶏舎)
石川産業=200羽飼育(いの町高藪)の2ヶ所を加え、全4000羽を飼育
本川手箱きじ生産企業組合  
平成26年 本川きじ生産組合から法人化に伴い企業組合として4人の組合員にて発足。
全3,000羽を飼育。